スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランクリン自伝

フランクリン自伝 (岩波文庫)

「いろいろ大変やったけど、マジメに生きてればなんかええことあるわ」

今年で73歳になるおかんが上京して瀬戸内寂聴ばりの格言を残して帰っていった。
3人の男子を育てながらリウマチで二度手術を受けた人の言葉には妙に重みがある。

で、格言と言えば、フランクリンである。

フランクリンはアメリカの独立宣言を起草した人物。
100ドル紙幣の肖像画で見たことある人も多いだろう。
凧にカミナリを落とした実験でも有名。

実はこの人、格言入りカレンダーの考案者でもあるのだ。
そう、実家のトイレにある、あれだ。

フランクリンは幼い頃印刷所の見習いを始め10代で家出、
ハタチそこそこで独立して印刷所を開業、新聞や公文書、紙幣などの印刷でをなした。

中でも一番儲かったのが格言入りカレンダーというから、
現代まで続く【ビジネス】モデルを確立した人と言えるのだ。

この自伝もさながら格言のデパート、ラストはある老人が
カレンダー格言をつなげて若者を諭す大喜利で締めくくられている。

【アメリカ】版二宮金次郎か?と思わせる説教臭さだが、
イギリスからの独立を勝ち取っただけに説得力がある。

フランクリンは何か実現したいことがあると、
すぐさま論点整理ソリューションを記した文書を印刷して配布した。
今で言えばソーシャルメディアの戦法である。

そのスキル行動力が歴史を変えたということか。

で、おかんである。

リウマチでしんどいときにどうして前向きにいられたのかと聞いてみると、
珍しく目をうるわせておかんは答えた。

「人にかわいそうに思われるんがイヤやねん」

ノー天気やからなぁ、ぐらいののんびりした答えを期待してた自分はハッと気づかされた。

何かをなしとげるのに必要なのは、スキル性格じゃなくて、
まして格言でもなくて、まず気概なんだ。

おかん、偉大なり。

種の起源

種の起源 (光文社古典新訳文庫)種の起源 (光文社古典新訳文庫)
(2009/09/08)
チャールズ ダーウィン

商品詳細を見る

別の記事でダーウィンをただのボンボンと評してしまったが、
「種の起源」を読んで深く反省

いやー、【進化】論スゴすぎ。

エビとカニが似てるわけ

クジャクの羽根のデザインが派手なだけで何の機能もないわけ

人類がホモ・サピエンスしか生き残らなかったわけ

ユーラシア大陸で生まれた人種が世界を支配しているわけ

素朴な疑問はすべてダーウィン様が解決済みですわ。

締めくくりの言葉がまたシブい。

『自然の闘争から、飢餓と死から、われわれにとってはもっとも
高貴な目的と思える高等動物の誕生が、直接の結果としてもたらされるのだ。
この生命観には荘厳さがある。』

こらあかん、「ダーウィンが来た!」観て泣いてまうわ。

ダーウィンと進化論 -その生涯と思想をたどる-

ジュニアサイエンス ダーウィンと進化論 -その生涯と思想をたどる-ジュニアサイエンス ダーウィンと進化論 -その生涯と思想をたどる-
(2009/01/31)
Kristan Lawson

商品詳細を見る

娘が「ダーウィンが来た!」にハマったせいで我が家のハードディスクは
ダーウィンライブラリと化しているわけで…

ムツゴロウさん千石さんも使わず視聴率がとれる動物番組はテレビ史上初(たぶん)。
ともかく我が家ではダーウィンといえばテレビ番組になってしまったわけだが、
ダーウィンといえばやはり「進化論」である。

ダーウィンの本来の姿に戻ろう、と本書を開いてみたのだが、
また新しいダーウィン像ができてしまった。

そのダーウィン像とは、おたくのボンボンである。

まず、ダーウィンは進化論を思いついた人ではない。
生き物が【進化】してきたという説は古代ギリシャ時代からあって、
ダーウィンの時代には隠れ支持者も多かった(ダーウィンのおじいちゃんもその一人)。

さらに、ダーウィンはガラパゴス諸島にはあんまり関心がなかった。
イグアナフィンチを観察して「進化論」をひらめいたと思いきや、
ダーウィンはガラパゴスにチョロっとしか寄ってないし、
「種の起源」でも軽く触れてる程度なのだ。

そしてダーウィンは生涯ほぼ無職だった。

医者の御曹司で食いぶちの心配がなく、好きなだけ生き物採集ができた。
ガラパゴスへの探検費用もすべてパパ持ちである。
(イギリス海軍の測量船にお金を出して便乗させてもらった)

立派なヒゲをたくわえて学者然としているが、
趣味の延長で生き物を集めてただけなのだ。

あれれ?聖書を否定する大発見をしたんじゃなかったっけ?

実は彼のすごいところは、進化論を発見したことではなくて、
オタク作業で集めた膨大な生き物ネタを、きちんと体系立てて
一冊の書物にまとめたことなのだ。
(そういう意味で本職はサイエンスライター

その書物、「種の起源」のメッセージはとてもシンプル。
ヒトは飼い犬や農作物の品種改良ができるのだから、
自然界でも同じことが起こっているはずだというもの。

天地創造と矛盾するということで反論されるのが恐くて、
ネチネチ証拠固めをしていたら思いのかほか大作になってしまった。

1800年代ともなれば聖書に書いてあることが事実じゃないことは
みんな薄々感づいてたわけで、それをハッキリと、しかも完膚ない形で言っちゃった。

プロレス的なお約束で「種の起源」は大騒ぎを巻き起こしたわけだが、
永遠のおたく少年ダーウィンは、人前には出ず引き込もり生活を続けた。

亡くなった後も郊外にひっそり埋葬してもらいたがったが、
名前が売れすぎてたので国葬にされてしまった。

埋葬場所はウェスト・ミンスター寺院
我らがスーパースター、【ニュートン】と同じ場所である。

さすが大英帝国、懐が深いというか、おたくに優しいというか。

八甲田山死の彷徨

八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)
(1978/02/01)
新田 次郎

商品詳細を見る

東北新幹線の楽しみの一つは「トレインショップ」

かゆいとこに手が届きすぎたラインナップに思わずポチっとしちゃいそうになるわけだが、
冬季はカタログの半分以上が防寒グッズで埋め尽くされて、
東北の冷えはさぞキツいんだろうなあと実感したりもする。

そんな東北でもナンバーワンの豪雪地帯、八甲田山を真冬に行軍したトンデモ部隊がいた。
我らが日本陸軍だ。

210名中199名死亡。ほぼ全滅である。

こんなことやってるから…というツッコミはさておき、この部隊と同時に逆ルート
八甲田山にアタックした別の部隊がいたことはあまり知られてない。
しかも一人の犠牲も出さずに踏破したというのだ。

何が2つの部隊の明暗を分けたのか、その種明かしは読んでのお楽しみとして、
この遭難モノの古典は、読むだけで凍えそうになること請け合い。

握り飯が凍る。水筒が凍る。手足が凍傷でものも食えない
雪山で死んだ人がなぜか最期にになっちゃってるという話も
この小説から来てるのか。

こんな大惨事を起こしても誰一人責任を問われることがなかったという。
しかも将校クラスの生存率は兵卒の6倍(とはいえ将校も8割死んでる)。
こんなことやってるから…というツッコミはさておくわけにもいかんだろ。

ガリレオ・ガリレイ―宗教と科学のはざまで

ガリレオ・ガリレイ―宗教と科学のはざまで (オックスフォード科学の肖像)ガリレオ・ガリレイ―宗教と科学のはざまで (オックスフォード科学の肖像)
(2007/05)
ジェームズ マクラクラン

商品詳細を見る

科学史における不世出のスーパースターはニュートンだが、
少し先輩にもう一人すごいヤツがいたことを忘れてはならない。

ガリレオ・ガリレイ

イタリアがまだイケてた時代に科学革命の先陣をきった男。
「それでも地球は動いている」
宗教裁判にかけられても地動説を譲らなかったという、あの男だ。

このエピソードは後世にかなり脚色されたものらしいが、
ガリレオの武闘派ぶりはガチだ。

地動説を認めようとしない数学者相手に
宇宙っちゅうもんは数学で書かれとんじゃ。数学わからんヤツに宇宙がわかるか、ボケ」
とブチかましている。

同じころ、ドイツにはもう一人のカブキ者、ケプラーがいた(当時は神聖ローマ帝国)。
肉眼の観測データだけから太陽系全体を俯瞰する法則を発見したリアル超人。

ガリレオも負けじと太陽の黒点や木星の衛星を驚異的なの正確さで観測したが、
天体より身近な物体の運動ほうが好きだったようだ。
ピサの斜塔からの球を落としたとか落とさなかったとか。

真空中では、毛糸と鉛の塊は同時に落ちる

ガリレオのこの予言が正しいことは、300年後アポロ宇宙飛行士が
月面で行った実験により全世界に示された。

天体のケプラー、身近な物体のガリレオ
2人の超人が同時に生きていたのはすばらしい偶然だった。

この2人からスルーパスを受けて、2つまとめてスーパーゴール
決めてしまったのが【ニュートン】なのだ。

ニュートンが生まれた年は、ガリレオが死んだ翌年である。

ガリレオが天動説を批判して書いた著者のタイトルは「偽金鑑識官」
ニュートンの晩年の職業がまさにそれである。

これを奇跡と呼ばずしてなんと呼ぼう。
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。