スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心は孤独な数学者

心は孤独な数学者 (新潮文庫)心は孤独な数学者 (新潮文庫)
(2000/12)
藤原 正彦

商品詳細を見る

ゼロを発見したインド人。

数字の12と102を区別する「0」は他の文明にも存在した。
しかし、もっと哲学的な、「無である」という意味を「ゼロ」に見いだしたのはインド文明だった。

ラマヌジャンという聞きなれない名前の数学者は、インド南部の片田舎に生まれた。
ときは、インドがまだイギリスの植民地だった19世紀末だ。

幼少の頃から常人離れした才能を発揮したラマヌジャンだったが、
その価値を理解してくれる学者に巡り会えず、一介の事務員として働いていた。

彼の運命を変えたのは、上司の紹介で書いた、イギリス人数学者ハーディへの手紙だった。

手紙にはいくつかの公式が記されていた。それらは、世界トップクラスの数学者をして、
『天才か狂人のどちらかだ』と言わしめるほどユニークなものだった。

ハーディの計らいで、ラマヌジャンはケンブリッジ大学に招かれ、
数学研究に打ち込むことになった。
ラマヌジャンが発見し、ハーディが証明する、
このコンビで先駆的な数々の公式が発表された。

その中には、後にフェルマーの最終定理の証明につながった理論も含まれていたという。

このように書くとサクセスストーリーのように聞こえるが、
敬虔なヒンドゥー教徒のラマヌジャンにとって、イギリス生活はつらい日々だったという。
帰国してからも嫁姑問題に悩まされて、失意の中でその生涯を閉じた。
わずか32歳だった。


本書は、自らも数学者である著者がインドを訪れ、ラマヌジャンの足跡をたどったものだ。
彼の数学的業績にはあまり触れず、人間ラマヌジャンを真正面から見つめている。

育ちのよい著者(ともに作家の新田次郎と藤原ていの息子)は初めてのインドに
相当衝撃を受けたようだ。

イギリス【ニュートン】アイルランドのハミルトンと合わせて
本書は三部構成だが、半分以上をインドの記述に割いている。

著者は最初、あらゆるものがごった煮になったインドの雰囲気と、
美しく調和のとれたラマヌジャンの公式とを結びつけることができなかった。

ラマヌジャンゆかりの人たちに会い、【ヒンドゥー】の考え方や生き方に触れて、
だんだんとその矛盾が解けてゆく、その心の軌跡が感動的だ。

本書を読んでいて、以前インドを旅行したときに、
実はラマヌジャンの生活圏に触れていたことがわかった。
もう一回行くしかないな。
スポンサーサイト
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。