野川

野川野川
(2010/07/14)
長野 まゆみ

商品詳細を見る


タイトルの「野川」は小金井市のど真ん中を東西に流れる川。
小金井市は新宿から中央線で30分、東京の西部に位置する郊外の街だ。

両親が離婚して父親とK市に住むことになった主人公の音和(おとわ)。
転校先の中学校で、国語教師の河井に半分だまされて新聞部に入る。

初めて部室に行って驚いたのは、部室のテラスでを飼っていることだ。
部長の吉岡に手ほどきを受けながら、音和も小鳩の「コマメ」を育て始める。

新聞部の顧問でもある河合と部長の吉岡は、音和にいろんな話を聞かせてくれた。

河井がときおり披露するうんちく話は、音和の楽しみになった。
新聞部で鳩を飼う理由、小金井の地形とその成り立ち、かつて野川のほとりで見られた風景・・・
1年先輩の吉岡の方は、学校の周りの裏情報と、他の友達には言わない家族の話をしてくれた。

二人の言葉を心に刻みながら、音和は新しい環境に少しずつ折り合いをつけていく。
そして、「コマメ」を空に放つ日が来る…


実は私も二年前から小金井に住んでいる。正直なところ、最初はこの街を好きになれなかった。
ゴミ袋が有料だったり、駅前に自転車を停めるところがなかったり、初めて住む人にとってなにかと面倒だったからだ。
でもこの本を読んで、「小金井も悪くないかな」と思うようになった。

今では、と緑と坂道のあるこの街がかなり気に入っている。
スポンサーサイト
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク