スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別語とはなにか

差別語とはなにか (河出文庫 し 13-5)差別語とはなにか (河出文庫 し 13-5)
(2009/10/02)
塩見 鮮一郎

商品詳細を見る

放送禁止用語のリストでも並んでるのかな、と軽い気持ちで読み始めたら、頭をガーンと殴られたような衝撃を受けてしまった。

前半は、筒井康隆の断筆宣言についての論考に割かれている。

彼の小説が、発表から三十年近く経って、角川書店の教科書に掲載された。それを読んだある高校の教師が、作品に出てくるてんかん者の表現に疑問を持って、角川と日本てんかん協会に問い合わせたのが事の発端だ。

著者の言うように『個別のケースについて当事者の話合いで解決するべき』だったところを、
角川が最初に門前払い的態度をとってしまったのと、【メディア】にあおられたのとで、「表現の自由」の問題まで及ぶ大騒動となってしまった。

三十年近く前の作品を教科書に載せる判断をしたのは角川であり、当時と医学的知識や社会状況が異なることは筒井康隆ではなく、角川(+文部省)が配慮すべきであった。てんかん協会は、発言の機会を持たない被差別者の人権を守るために、当然の行動をとっただけだ。

『表現は不自由である』
私たちは普段、言っていいことと悪いことを意識的にも無意識的にも区別している。何がよくて、何が悪いかは、その場に誰がいるか、ひいてはその背景の市民社会が決めている。それは個人も作家も同じなのだ。
【芸術】に携わる者だけがどんな表現でも特権的に許されている、というのはとんでもない誤解だ。社会の反発をまねいてまで何かを表現をするときは、その責任を負った上でやらなければならない。

著者のこれらの言説は実に明快で重みがある。

『差別としての水俣病』の章では、自分の意識下にある差別的価値観に気づかされてしまった。
近代以降の差別は、『【関係性】の差別』なのだという。
自分が加害者になっていないか、社会の成員として常に自問していなければいけないんだ。

最後の対談で五木寛之が言っている。
『知的な話題として差別や解放を論じるというのは、やっぱり好きじゃない』
興味本位でこの本を手に取った自分の浅はかさを見透かされているようだった。

夏目漱石の「坊ちゃん」の差別性のところも興味深かった。
【女性】の視点から書かれた「明暗」も、都合のよい男の妄想と言えなくもない。
日本の急速な【近代化】に危惧を覚えた漱石が、男性優位の価値観を守ろうとした作品だと考えることもできるだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。