FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ファラデー 科学をすべての人に

マイケル・ファラデー

科学者の中で伝記が一番多く書かれている人物はファラデーなのだそうだ。

そういえばこないだ行った科学博物館でもファラデー推しだったっけ。

いまいちピンとこないのでガリレオでもお世話になったこの伝記シリーズを読んでみた結果・・・

ファラデーすごすぎ!

伝記でおなじみのエジソンがかすんで見えます。
蓄音機やら電球やらチマチマ発明してるレベルじゃないですわ。

そのわずか半世紀前に電気そのものを道具として使えるようにした男です。
ほかにも電気分解の法則、ベンゼンの発見、ノーベル賞があった時代なら
3つ4つとってたと言われてます。
しかも物理学賞化学賞のダブルで。

イギリスの首相にそれらの発見が何の役に立つのかと聞かれて彼は答えています。
「私にはわかりませんが、いつか政府がそれで税収を稼げることは請けあいます」
国家レベルの発見です。

さらにドラマチックなことに、彼は製本屋の丁稚奉公という低い身分の出です。

製本屋で働く彼がひょんなことから科学講演会のチケットを手に入れる
→講演をメモしたノートを科学界の重鎮に送り、気に入られる
→たまたま空いた実験助手のポストに雇われる
→類い希なる実験センスで次々に業績をあげる
→実験室を任されて時代を変える発見を連発
イギリス王立協会の会長候補までのし上がる

とんでもないサクセスストーリー
しかも、名誉を嫌って爵位ウェスト・ミンスター寺院への埋葬も断っています。

いかにも日本人が好きそうなストーリーなのに日本で伝記が少ないのは意外。
最近ノーベル賞受賞者の大隅さんが紹介してましたが、「『役に立つ』という言葉が社会をダメにしている」
という持論とつなげるのはファラデーに失礼ですよ。

本書によると、ファラデーは
人の役に立つ仕事=神からの授かり物
だと考えていたそうです。 

自然=神の摂理を明らかにすることで、人々を幸せにできる
そのピュアな気持ちがファラデーの原動力。

ニュートンしかり、フランクリンしかり(彼も印刷屋見習い)、
偉業の陰には往々にして宗教的動機があります。

科学者の精神性まで味わえるこの伝記シリーズ、鉄板です。


スポンサーサイト
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。