スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血盟団事件

血盟団事件血盟団事件
(2013/08/07)
中島 岳志

商品詳細を見る

プロセスがすっとばされているなぁというのが率直な感想。

昭和初期、日本が軍国主義戦争に突き進んでいくちょっと前の時代、
法華経の信者たちが軍部の若手と共謀し、要人暗殺を企てた。
血盟団事件

元大蔵大臣・井上準之助と、三井財閥総帥の団琢磨の2名を殺害したところであえなく検挙。

彼らのリーダーは法華経の僧侶である井上日召
法華経の教えに基づき、民衆を搾取する財閥政党政治
暴力的に排除すべしと主張した。
(当初はもっと穏健だったみたいだが)

彼らが理想としたのは、天皇が民を直接治める政治体制。

財閥をつぶしたいなら共産主義でいいものを、なぜに天皇
というツッコミどころはあるものの、彼らのムーブメントはバカにできなくて、
血盟団の残党はその後五・一五事件を起こし、怒れる民衆の声がなんとなく大義となる。
それを味方に軍部は肥大化、天皇崇拝と泥沼の戦争へとつながっていった。

その後の歴史はおなじみの通り、日本をフルボッコにしたアメリカが財閥を解体.、
農地を解放、社会主義的な国家を建設した。天皇制は骨抜きにされたとはいえ温存された。

皮肉にも、法華経の僧侶が夢見た社会は、
キリスト教精神の敵国によってあっさり実現してしまった。

【アメリカ】の勘所の抑えっぷりは恐るべしとしか言いようがないが、
血盟団も方向性は民意に近かったわけで、うまくやれば結果も
違ってたんじゃないかという気持ちもぬぐえない。

戦前から選挙制度はあったし、社会主義勢力もそれなりに活動してたはず。
いきなりテロじゃなくて、地道にプロセスを踏んでいればよかったのに。

農村は明日のもないほど困窮してるのに都市ではボンボンが贅沢三昧、
天下国家を論じても教育者や学者は相手にしてくれない。
疎外感にさいなまれた彼らがブチ切れるのも無理はない。

生活を出発点にした政治運動がメインラインにならない状況は、
戦後日本にずっと受け継がれている気がする。オウム事件から20年、
似たようなことが繰り返されるんじゃないかと不安になったりする。
スポンサーサイト
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。