スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味で相対論

趣味で相対論趣味で相対論
(2008/06/16)
広江 克彦

商品詳細を見る


「やっと会えたね」

辻仁成が中山美穂に出会った時に発したというこのセリフを
思わず投げかけたくなった。

相対性理論の本をいくつか読んでみたが、どうもモヤモヤした感じが残っていた。

「特殊」相対性理論のことはじっくり解説してくれるのに、
「一般」相対性理論のことになると急に歯切れが悪くなるのだ。

「専門的すぎるので…」「高度な数学が使われているので…」などなど。

そう、相対性理論には「特殊」「一般」の2つある。

アインシュタインが「特殊」を発表してから「一般」を発表するまで10年
「一般」のほうは難解すぎてノーベル賞審査委員も困り果てたというからすごい。
(アインシュタインは相対性理論ではノーベル賞をとっていない)

本書は、そんな「一般」の方を含め、相対性理論を
真正面から解説しようと試みたものだ。

ロケットで宇宙旅行するようなたとえ話はほとんどなし。
相対性理論の本質を理解するため、あえて数式ばかり。
その代わり、なぜその数式が出てくるのかをとことん教えてくれる。

そう、こんな本を探してたのだ。
これまでたまっていたモヤモヤを本書がすっきりさせてくれるに違いない。

運命的な出会いで読み始めたをのだが、結局モヤモヤ感はなくならなかった。
「一般」相対性理論、難しすぎ。素人が軽い気持ちで登る山じゃない。

でも本書のおかげで、かろうじてバーチャル登山はできたような気がする。
装備と体力がある人は、こういう道を登っていくんだなぁと…。


それにしてもアインシュタインは罪深い
彼は物理の風景をすっかり変えてしまった。

相対性理論以前は、世界がこうなっているだろうという直感が、
だいたい物理法則と一致していた。だから【ニュートン】は、
物理法則に神の意思を感じることができた。

ところが相対性理論は、直感では信じがたいけど理論的にはそうなってしまうという類いのものだ。
時間遅れるとか空間がゆがむとか言われてもピンとこないが、
水星とかGPSとかで実際に観測してみると、万有引力の法則よりも、相対性理論の方が
ピッタリ合ってしまうというからしょうがない。

敬虔なクリスチャンだったニュートンに対して、
アインシュタインが無神論者だったというのがなんとも皮肉というか残酷というか。
ニュートンは、神を否定した男に物理法則まで修正されてしまったのだ。

そんなアインシュタインも、量子論でカタキをとられてしまった。
また、相対性理論から導かれる奇妙な存在、ブラックホール
をめぐっても矛盾を突きつけられる。

神なき後の物理学は、仁義なき世界なのだ。

相対性理論を超えるブラックホール理論
これについてもドラマチックな出会いとバトルが展開されたようだ。



スポンサーサイト
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。