スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未完のファシズム: 「持たざる国」日本の運命

未完のファシズム: 「持たざる国」日本の運命 (新潮選書)未完のファシズム: 「持たざる国」日本の運命 (新潮選書)
(2012/05/25)
片山 杜秀

商品詳細を見る


日本は日露戦争に勝って調子に乗り、
アメリカに無謀なケンカを売ってボコボコにされた。

これが一般的な日本の近代史の理解だろう。
でもそんな単純ではないんじゃないか?というのが本書の出発点。

一億玉砕、特攻と竹ヤリで本土決戦を戦えば
アメリカにも勝てると、当時の軍人たちは本気で考えていたのだろうか。

なぜ本土を空爆される前に手打ちにできなかったのだろうか。

そんな素朴な疑問に、膨大な軍事資料を駆使して答えようとしている。

実は、【プロ】の軍人たちは、もし総力戦になった場合、
アメリカには逆立ちしても勝てないことがわかっていた。

これは、戦力と国力を冷静に分析すれば誰でもたどりついた結論で、
例えば鉄の生産量は、1940年の段階でアメリカは日本の10倍近くもあった。

これらのデータは、しかるべき意思決定の場にも出されていた。
局地戦で勝利をあげて早めに手打ちにするのが身の丈にあった戦い方だと、
まっとうな軍人や政治家は主張していたのだ。

しかしこの考え方は主流にならず、
「国力に劣っていても奇襲と精神力で勝てる」という、
中学校の部活のような基本方針が公式に採用された。

一度決まった部活スローガンは、国際環境や戦況、軍事技術が【変化】しても
顧みられることがなかった。誰もがなんとなくダメっぽいと感じながらも、
誰も大きな路線変更を言い出せなかった。

もし、当時の【権力】者たちが、ツジツマ合わせをやめて、
データに基づく現実的な戦略をとっていたら、
どれだけの人命が失われずに済んだのだろうか。

馬鹿げたスローガンに振り回されることなく目的に合った意思決定ができるようになったのか?
それを可能にする社会や組織の仕組みを作れたのか?

これが、戦争で亡くなったすべての方々から突きつけられた問いなのだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。