フランクリン自伝

フランクリン自伝 (岩波文庫)

「いろいろ大変やったけど、マジメに生きてればなんかええことあるわ」

今年で73歳になるおかんが上京して瀬戸内寂聴ばりの格言を残して帰っていった。
3人の男子を育てながらリウマチで二度手術を受けた人の言葉には妙に重みがある。

で、格言と言えば、フランクリンである。

フランクリンはアメリカの独立宣言を起草した人物。
100ドル紙幣の肖像画で見たことある人も多いだろう。
凧にカミナリを落とした実験でも有名。

実はこの人、格言入りカレンダーの考案者でもあるのだ。
そう、実家のトイレにある、あれだ。

フランクリンは幼い頃印刷所の見習いを始め10代で家出、
ハタチそこそこで独立して印刷所を開業、新聞や公文書、紙幣などの印刷でをなした。

中でも一番儲かったのが格言入りカレンダーというから、
現代まで続く【ビジネス】モデルを確立した人と言えるのだ。

この自伝もさながら格言のデパート、ラストはある老人が
カレンダー格言をつなげて若者を諭す大喜利で締めくくられている。

【アメリカ】版二宮金次郎か?と思わせる説教臭さだが、
イギリスからの独立を勝ち取っただけに説得力がある。

フランクリンは何か実現したいことがあると、
すぐさま論点整理ソリューションを記した文書を印刷して配布した。
今で言えばソーシャルメディアの戦法である。

そのスキル行動力が歴史を変えたということか。

で、おかんである。

リウマチでしんどいときにどうして前向きにいられたのかと聞いてみると、
珍しく目をうるわせておかんは答えた。

「人にかわいそうに思われるんがイヤやねん」

ノー天気やからなぁ、ぐらいののんびりした答えを期待してた自分はハッと気づかされた。

何かをなしとげるのに必要なのは、スキル性格じゃなくて、
まして格言でもなくて、まず気概なんだ。

おかん、偉大なり。
スポンサーサイト

種の起源

種の起源 (光文社古典新訳文庫)種の起源 (光文社古典新訳文庫)
(2009/09/08)
チャールズ ダーウィン

商品詳細を見る

別の記事でダーウィンをただのボンボンと評してしまったが、
「種の起源」を読んで深く反省

いやー、【進化】論スゴすぎ。

エビとカニが似てるわけ

クジャクの羽根のデザインが派手なだけで何の機能もないわけ

人類がホモ・サピエンスしか生き残らなかったわけ

ユーラシア大陸で生まれた人種が世界を支配しているわけ

素朴な疑問はすべてダーウィン様が解決済みですわ。

締めくくりの言葉がまたシブい。

『自然の闘争から、飢餓と死から、われわれにとってはもっとも
高貴な目的と思える高等動物の誕生が、直接の結果としてもたらされるのだ。
この生命観には荘厳さがある。』

こらあかん、「ダーウィンが来た!」観て泣いてまうわ。
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク