強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く

強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)
(2013/01/30)
大栗 博司

商品詳細を見る

イギリスかどこかの番組で、物理学者がサッカーボールを手にしてクイズを出した。

原子核がサッカーボールの大きさだったとすると、電子はどのぐらい離れているか?」

1m?5m?いやいやそんな近くじゃない。
物理学者はどんどん歩いてって競技場の外に出てしまった。

正解はなんと5km!

サッカーボールを東京ドームに置いたとすると
電子は山手線のあたりを回っていることになる。

原子の中身は驚くほどスカスカなのだ。

原子の真ん中にある原子核。
これをパカッと開くと、陽子中性子が入っている。
陽子と中性子の重さを合計すると原子核の重さに等しい。
原子核には他に何も入っていないから当然だ。

陽子をさらにパカッと開くと、クォークと呼ばれる素粒子が3つ入っている。
他には何も入っていないから、3つのクォークの重さを合計すると陽子の重さになるはず。
と思いきや、陽子の重さの1パーセントにしかならない。

あれ、またスカスカだ。

残りの99パーセントの重さはどこからくるのか?
本書のタイトルの「強い力」。謎解きはこの疑問から始まる。

一方、「弱い力」はというと、1パーセントの方、
クォークの重さを説明するのに使われる。
話題の「ヒッグス粒子」もここで登場する。

本書に登場するノーベル賞学者はなんと40人以上。
著者は「建て増しを繰り返した温泉旅館」という例えを使っているが、
「強い力」と「弱い力」はある意味寄せ集めの理論なのだそうだ。

問題があれば建て増して、建て増したらまた問題が生まれて。
その妙に人間臭いところがおもしろい。

建て増し旅館とは対照的なのが「一般相対性理論」
「重力」を説明するこの理論は、アインシュタインが一人で完成させたという。

う~ん、これは気になる。もう一冊読むしかないな。
スポンサーサイト

武蔵野夫人

武蔵野夫人 (新潮文庫)武蔵野夫人 (新潮文庫)
(1953/06/09)
大岡 昇平

商品詳細を見る


恋愛小説にしては地形描写が多すぎる
そんな苦情が来るんじゃないかというくらい地形の話が多い。

しかも内容がいちいち正確で、地質学の文献とも一致しているとこがすごい。

物語の舞台となった「はけ」=国分寺崖線と「狭山丘陵」は、地形好きにとってどストライクな場所。
作者の大岡昇平、フィリピンの密林で兵隊をやっていただけに、かなりのマニアに違いない。

つい地形の話になってしまった。本編に入ろう。

主人公の道子は、父の代から「はけ」に住む人妻。夫はフランス語を教える大学教員。
「はけ」の近所にはいとこの成金、大野とコケティッシュな妻、富子が住む。

ある日、もう一人のいとこ、勉がビルマから復員してきた。この戦場帰りのニートっぽい男が、
形だけでつながっていた二組の夫婦を壊し始める。

スリリングな展開で読み物としてはおもしろいが、肝心の恋愛部分はいまいちピンとこなかった。

まず、夫が身勝手すぎる。秋山も大野も、妻を奴隷ぐらいにしか考えていなくて、そりゃあ奥さんも浮気するわ。
かたや勉くん、道子や富子を人扱いしてくれるからモテモテだ。だけど一緒になるには経済力が足りない。

道子と富子が冒険できるのも家庭にそれなりのがあるからなわけで、
結局お金と身分だけで話がきまっちゃってる感じ。

時代を反映していると言えばそれまでだけど、「道子から何を感じとればいいんですか?」
と問われると、昔の【女性】は大変だったんだよ、ぐらいしか答えようがない。

それに引き換え地形描写の普遍的なこと!貫井神社や多摩湖の記述は、
60年を経た今でも、あ、あそこのことだ、とわかる臨場感。

ひょっとすると作者は、このコントラストを描きたかったのか。

道子を苦しめた家族制度がいずれ消え行くものだという、
予言というか願望のようなものを込めてこの作品を書いたのだとすれば…。

今この作品を読んで感じられる違和感は、作者がに描いていた世界が実現した証ということになる。

昇平、おそるべし。

元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち

元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち (光文社新書)元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち (光文社新書)
(2012/10/17)
吉田 たかよし

商品詳細を見る

人類は「鉄」を作ることはできない。

あれ?製鉄所で作ってるんじゃ?

いやいや、あれは「鉄」を作ってるわけじゃなくて、
鉄鉱石から「鉄」を取り出してるだけなんです。

「鉄」を作ることができるのは、1000万度という超高温、
太陽のような恒星の中だけ。錬金術師がどんなにがんばっても
地球上では無理だったわけです。

「鉄」は周期表の中でも一番安定している元素。
宇宙空間にも地球上にも豊富にあります。

そこで動物たちは、体の中で「鉄」を利用する仕組みを【進化】させました。
血液中で酸素を運ぶヘモグロビンです。

人類が鉄を発見する数億年前から、
生き物は「鉄」をうまく使いこなしてきたのです。

「鉄」だけでなく、私たちの体をつくっている元素は
すべて宇宙のどこかの星で生まれたものです。

数十億年後、太陽がふくらんでその一生を終えるとき、
地球は飲み込まれてしまうかもしれないし、吹き飛んでしまうかもしれません。

でも、宇宙のチリになった元素は、またどこかで惑星の
一部になって、次の生命につながるかもしれないのです。

桶川ストーカー殺人事件―遺言

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
(2004/05/28)
清水 潔

商品詳細を見る


1999年10月26日、一人の女性が殺された

女性の名前は猪野詩織さん、21歳。
殺害場所は、埼玉県JR桶川駅前の駐輪場
死因はナイフで腰と胸を刺されたことによる失血死

殺害を実行したのは久保田祥史、ほかに見張り役と運転手役が関わっていた。

彼らに殺害を命じたのは、小松和人、詩織さんの元交際相手。
彼女に冷たくされたことを逆恨みしての犯行だった。

小松らの犯罪を立証する直接的な証拠がいくつもあった。
しかし警察が捜査を始めることはなかった。

小松は殺人で告訴されることなく自殺。事件は「終結」した。

その後、事件を担当した巡査部長は、元上司宅に放火し服役中に自殺した。
同じ署で働いていた別の刑事も後に自殺した。

法律は生命を守るためにある。
しかし、それを行使する人間は、生命より大切な何かを
背負いこんでいるようだ。

被害者、加害者、彼らの家族、警察官
事件と関わる人々がそれぞれ人生を狂わされる中で、
ただ警察組織だけが、不気味にその継続性を保っている。

絞首刑

絞首刑 (講談社文庫)絞首刑 (講談社文庫)
(2012/11/15)
青木 理

商品詳細を見る


2008年10月28日、一人の男性が殺された

男性の名前は久間三千年さん、70歳。
殺害場所は、福岡県福岡拘置所内の刑場
死因はロープで首を吊らされたことによる縊死

殺害を実行したのは刑務官、ほかに医務官と検察官らが関わっていた。

彼らに殺害を命じたのは、森英介、当時の法務大臣。
女児二人を殺害した容疑による刑罰だった。

久間さんの犯罪を立証する直接的な証拠はひとつもなかった。
しかし裁判所が判決を改めることはなかった。

久間さんは再審を認められることなく死刑執行。事件は「終結」した。

その後、事件の証拠とされたDNA鑑定がずさんであったことが明らかになった。
同じ鑑定を根拠にしていた別の事件では冤罪が確定した。

法律は生命を守るためにある。
しかし、それを行使する人間は、生命より大切な何かを
背負いこんでいるようだ。

被害者、加害者、彼らの家族、刑務官
死刑と関わる人々がそれぞれ人生を狂わされる中で、
ただ死刑制度だけが、不気味にその継続性を保っている。
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク