魚は痛みを感じるか?

魚は痛みを感じるか?魚は痛みを感じるか?
(2012/02/02)
ヴィクトリア・ブレイスウェイト

商品詳細を見る


居酒屋「座魚」は、店内のイケスで釣りを楽しむことができる。
もちろん釣った魚はその場でいただくことも可能だ。

あるとき釣り名人と一緒にこの店に行った。
その名人はカレイ釣りの全国大会?に出るほどの腕前だ。
さぞ入れ食いなんだろうなと思いきや、名人は一匹も釣り上げることができなかった。
周りでは素人がガンガン釣り上げているのにだ。

名人は
「ここの魚はスレてる」
とだけ言って寂しそうに刺身を注文していた。
たかが魚釣りと言っても奥深いものだなあと妙に感心してしまったものだ。

『魚は痛みを感じない』

昔からまことしやかに伝えられてきたこの俗説を、大真面目に検証するのが本書の目的だ。

痛みを感知する神経があるか?という問いであれば答えは単純。
魚はもちろん、カタツムリやイソギンチャクでも痛みを知覚することができるらしい。
そうでないと自然界で【生存】することは難しいだろう。

しかし、魚が痛みを「感じる」のかというと話はややこしくなる。
魚が感じている痛みは、私たちヒトが感じている「痛み」と同じなのだろうか?

本書には「魚の福祉」という言葉も登場する。

動物に福祉もクソもあるかと笑い飛ばしたくもなるが、
牛や豚、鶏などの飼育にはすでに福祉が考慮されていて、
肉質もよくなり生産性も向上しているそうだ。

件の釣り名人に「魚は痛みを感じるんですかね?」
と聞いてみると、次のような答えが返ってきた。

「痛みを感じるかどうかはわからないけど、頭がいいことは確かだ。」
スポンサーサイト

小説・震災後

小説・震災後 (小学館文庫)小説・震災後 (小学館文庫)
(2012/03/06)
福井 晴敏

商品詳細を見る


わが家の息子は、東日本大震災の12日後に東京で産まれた。
来月で1歳半になるから、あの日からおおよそ1年半が過ぎたことになる。

最近、息子は歩けるようになった。
チョロチョロと動き回る息子を追いかけながら、子どもの成長の早さに感心する一方、
普通の生活に戻れたんだなぁと改めて実感する。

計画停電が発表されたのは地震の翌日だった。
夜の9時くらいだったか、首相の記者会見の後、
指定された自治体の名前が延々と読み上げられる。

途中で見るのをやめて、スーパーに買出しに行くことにした。
出産を間近に控えた妻は「そんなにあわてなくてもいいんじゃない?」
と怪訝そうにしていたが、外の様子を見てみたいという気持ちもあった。

あのときのスーパーの異様な雰囲気は今も忘れられない。

人々が殺気を帯びた目で店内を歩き回り、日持ちしそうな品物を片っ端からカゴに入れていく。
最初はいつもよりちょっと混んでいるかなという程度だったが、
あっという間に山盛りのカートを押す人の行列ができる。
レジの女の子は、何が起こっているのかわからない面持ちで必死にそれをさばいている。
店を出るころには商品棚がすっかり空になっていた。

「とんでもないことになった」

翌日、薬局から紙オムツとミルクが消え、スーパーから牛乳が消えた。
兵庫の兄からは、身重の妻と上の子だけでも関西に避難させてはどうか、と打診が来た。

このまま東京で出産して大丈夫だろうか?
いてもたってもいられなくなって、出産予定の病院にかけこんだ。
こんな状況で無事子どもが産めるのか、それだけでも確認したかった。

しかし、病院の反応は、思いがけないものだった。

ロビーに入ると驚くほど静かで、患者さんもスタッフも、普段といたって変わらない様子だ。
地震や原発のことがなかったかのような、淡々とした時間が流れている。

2階にある産科の窓口に向かい、忙しそうに動き回っている看護師さんを捕まえて尋ねる。
「停電しても分娩できるのでしょうか」

なに、そんなこと?という表情で看護師さんはきっぱりと答えた。
「電気がなくても子どもは産めます」
他に用がないならこれで、といった感じで看護師さんはさっさと仕事に戻っていった。

「そうか、現場の人間はとうに腹をくくっているんだ」
そんなこともわからずに一人でテンパっていた自分が恥ずかしい。
その夜わが家は、出産も子育ても東京で続ける覚悟を決めた・・・


「小説・震災後」は、震災後の東京を舞台にしている。
地震、津波、原発事故、停電・・・情報が錯綜し、どんどん先が見えなくなっていく描写は、
フィクションとは思えない生々しさだ。
一時の混乱が過ぎて原発はなんとか収束に向かい、東京は普段の生活に戻っていった。
でも、人々の心には、言いようのない無力感と、将来に対する絶望が残った。
『なんとかしたい、でも何もできない』

小説の中でも、人々を勇気づけたのは腹をくくった人の言葉だった。
主人公・野田の父は語る。

『日本は現場力の国だ』

地震と津波と原発【事故】で社会は分断された。
でも、多くの人がなんとか前を向いて生きられるようになったのは、
現場の人が、【プロ】意識をもって、目の前の仕事を
こなしてくれているおかげだろう。

小説の設定やセリフはやや芝居がかっていて団塊の世代の臭いが強いが、
震災後の世界を生きていくのも悪くないかな、と思わせれくれる良書。

ゲルニカ物語―ピカソと現代史

ゲルニカ物語―ピカソと現代史 (岩波新書)

戦略爆撃

空から組織的かつ無差別に爆弾を投下して敵の戦意を喪失させるこの手法は、
スペインの古都ゲルニカで行われたのが最初だとされる。

ピカソはこの残虐行為に抗議するために有名な壁画「ゲルニカ」を描いた。

元々ピカソは政治と距離をとっていた人で、自らの作品で政治的な意思を示したのは「ゲルニカ」が最初だった。
政治嫌いの巨匠があえて政治的な意図をもって描いた絵は、
その後の国際政治に翻弄されて数奇な運命をたどる。

1937年、「ゲルニカ」はパリ万博で初めて展示された。
これは、フランコ将軍率いるスペイン反乱軍に対抗するために、国際社会の援助を求めることが目的だった。

その後スペインではフランコ将軍が政権をとり、「ゲルニカ」は戦火を避けて米国へ渡る。
国家元首となったフランコは、「ゲルニカ」をスペインに返すよう要求し始める。
世界的に有名な絵画を母国に返すことで、政権の正統性をアピールしたかったようだ。

しかし、ピカソはこれを拒否。元々フランコへの抗議のために描いた絵だから当然だ。

1960年代、米国ではベトナム反戦運動が広がる。
すると今度は、米国の芸術家たちが「ゲルニカ」をスペインに返すよう求め始める。
理屈は、ベトナムを空爆する米国に、この絵を所有する資格がない、というものだった。

しかし、米国内でも反対意見が出る。曰く、
確かに米国のベトナム空爆は愚かだ。しかし米国には【権力】の愚かさを批判する自由がある。
独裁政権下のスペインにそれがあるのか?「ゲルニカ」は自由と民主主義の国にあるべきだ。

こうして「ゲルニカ」は米国にとどまった。

1975年、フランコ政権が崩壊。憲法で民主主義が宣言された。
そして1981年、「ゲルニカ」はスペイン民主主義の象徴として祖国に返還された。

ピカソはフランコ政権が崩壊する前に他界。
故国に「ゲルニカ」が戻る日を見ることはなかった・・・

かくして民主主義の象徴となった「ゲルニカ」だが、
ピカソにとっては反フランコという以上の意味はなかったようだ。
スペインへの返還に反対したのもフランコ政権が嫌だという理由だ。

しかも、ピカソは共産党に入党している。
民主主義の象徴を描いた人が共産党員?と不思議に思えるが、
フランコ政権が極右なので、【ソ連】と共産党はその対抗勢力だったのだ。

ピカソは芸術家としては共産主義に全く迎合できなかったようで、
彼の描いた「スターリンの肖像」は不敬罪騒ぎになったほど。
ピカソのマッチョさが伝わるエピソードだ。

ゲルニカに始まった戦略爆撃は、その後の戦争の主流となった。
日本はその被害者であり、加害者でもある。

この絵が描かれてからの世の中の変化を振り返りながら、
改めて「ゲルニカ」を眺めてみたい。
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク