スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道四谷怪談

東海道四谷怪談 (岩波文庫 黄 213-1)東海道四谷怪談 (岩波文庫 黄 213-1)
(1956/08/25)
鶴屋 南北、河竹 繁俊 他

商品詳細を見る

怪談だと思って読み始めたら、なんとまあ破廉恥な話だこと。

地獄  鉄砲  夜鷹  辻君  惣嫁(そうか) …

これらはみんな「売春婦」の隠語らしいのだが、第一幕だけでもこれだけのボキャブラリーが出てくる。
「鉄砲」の由来は、フグみたく「あたる」からだというから下世話この上ない。

お茶屋で酒を飲んでいるとあんまが近寄ってくる。実はこれ、あんまを装った売春宿。
「大」は年増、「小」は幼女というシステム説明、フタを開けると七十前の婆さんが一人二役というオチ。
さながら現代の地下フーゾクか。

お岩は、産後の肥立ちが悪くダンナ(伊右衛門)に厄介者扱いされていた。
ある日、隣に住む一家に毒薬を仕込まれて顔がただれてしまう。
隣家が毒を盛った理由は、孫娘が伊右衛門に惚れていて、お岩が邪魔だったから。
伊右衛門はこの孫娘と早く一緒になりたくて、お岩に間男を仕掛けたりする。

伊右衛門のワルぶりはまだまだ続く。彼はお岩の実の父も殺した。
それも昔の盗みがバレたからという短絡的な理由。
この男、都合が悪くなると人を殺す、首をはねるのやり放題。

とまあ、実写版ならR指定間違いなしのえげつない話なのだが、
江戸時代から歌舞伎で受け継がれてきた立派な古典。
舞台でどのように演じられているのか見てみたいものだ。
スポンサーサイト

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム〈1〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム (角川文庫―スニーカー文庫)
(1987/10)
富野 由悠季

商品詳細を見る

ガンダムを復習してみよう。

子どもの頃にアニメ版をリアルタイムで観たが、
当時はガンプラだ、ニュータイプだ、と大騒ぎしていただけだった。

映画版の三部作も観なおしてみた。
今観ても抜群に面白い。でも映画を見ただけでは、人物関係とか歴史的背景とかがまだよくわからない。
そこで小説版の出番。聞くところによると大人のシーンもあるらしい。

小説版は、とにかくリアルだった。

戦場には血なまぐさい死体が転がっている。
一緒に出撃した同僚の戦死は、彼が帰還しないことで知る。
スペースコロニーは宇宙の彼方にあると勝手に思っていたが、小説によるとの軌道上に配置されていた。
これもなんとなくありそうな話だ。

ニュータイプもあながちトンデモ系の話ではなかった。
ニュータイプは、超能力とか勘とかとは少し違っていて
『外に思惟を伝達する能力』
として描かれる。

それは個人の問題というより、人類が脱皮して【進化】した姿だ。
数百万の人々の認識を重なり合わせることによって、人類が偏見のない叡智をつかみ、
争いのない世界を作ることができる。そんなユートピア思想である。

そんな夢の理論も、実践は悲劇的な形で行われた。
ジオン公国を牛耳ったザビ家は、ニュータイプを過激な選民思想に仕立て上げ、
スペースコロニーに毒ガスを注入し、またコロニー自体を地球に落下させ、四十億人を殺した。

ナチスドイツ、スターリン時代の【ソ連】、毛沢東時代の【中国】、ポルポト政権下のカンボジア・・・
【人類史】に登場する思想を振り返ると、これもリアルにありそうだ。

四十億人が殺された後の世界で、今日も敵を殺すためにアムロは出撃する。
戦いのさなか、アムロたちニュータイプは互いに思惟を通じ合わせられることに気づいた。
そして、自分たちの能力がひょっとすると戦争を終わらせるカギなのではないかと考え始める。

うーむ、深い。子ども向けアニメにしておくのはもったいなさすぎる。
噂の大人のシーンもちゃんとあるし、小説版があってホントによかった。
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。