邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)

邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)
(1998/05)
鯨 統一郎

商品詳細を見る

新米バーテン松永が勤める「スリーバレー」。
その日カウンターには三人の客が座っていた。

大学教授の三谷、その助手の静香(美女)、そして自称雑誌ライターの宮田。

宮田のふとしたつぶやきからバトルは始まった。
『ブッダは、本当に悟りを開いたのだろうか?』

三谷と静香は大学で歴史を教えている。いわば歴史のプロだ。
特に静香はその美貌でテレビに出るほどの売れっ子、宮田の暴言を放ってはおけない。
宮田の方もどうやら素人ではないらしい。静香を挑発する言葉の裏に、歴史マニアとしての相当な自信がうかがえる。

こうして、場末のバーには似つかわしくない壮絶な歴史論争が始まった。

ニヒルな宮田、すぐヒートアップする静香、二人の対決を冷静に見守る三谷。
しまいにはバーテン松永も静香の取り乱す姿見たさに参戦・・・

歴史バトルもおもしろいが、バーテン松永の出すもおいしそう。
「スリーバレー」 こっそり覗いてみたいものだ。
スポンサーサイト

山椒大夫・高瀬舟

山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)
(2006/06)
森 鴎外

商品詳細を見る

明治の文豪、森鴎外の短編集。
安寿と厨子王の「山椒大夫」と、安楽死を扱った「高瀬舟」が有名だが、
ほかの10篇は、日常のちょっとした体験を綴ったようなものもあり、鴎外の人となりが想像できる。

百物語という作品に気になる一文があった。
『僕は生まれながらに傍観者である』

巻末に引用された鴎外評にはこうある。
『親分気質のみじんも無い人である』

鴎外は陸軍の軍医総監を勤めたほどの人だが、職業人としての印象はきわめて薄い。
ドイツに留学して西洋近代文明に触れた。本書の作品の中にもフランスやドイツへの憧れが色濃く現れている。
だが、西洋で学んだ文化や気質を広めるための組織的な活動をしなかった。

作家として名声を築いた後も、群れることを嫌い、独立した個人としての付き合いを大切にしていたようだ。

生涯孤独な傍観者が軍医のトップなどに出世しなければ、本人も周りもいくらか犠牲が少なくすんだのではなかろうか。
頭のいい彼自身が一番、その分不相応に気づいていたのだろうけど。
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク