歴史を変えた火山噴火

歴史を変えた火山噴火

「破局的噴火」という言葉が気になって検索したらヒットした本。とにかくヤバい


トバ湖ヤバい

インドネシアにある世界最大のカルデラ湖。面積は琵琶湖の1.6倍。
今から7万数千年前の噴火ででできた。
人類がこれまで経験した最大の火山噴火といわれており、
当時数百万人いた人口が1万人程度まで減少し、絶滅危惧種に。
火山灰で気温が下がって衣服が発明されたという説も。
噴火の規模を表すVEI=8 
戦後最大の火山災害を起こした2014年の木曽御嶽山噴火でもVEI=1


九州のカルデラがヤバい

南から、
 鬼界カルデラ
 阿多カルデラ 
 姶良カルデラ
 阿蘇カルデラ
いずれもVEI=7クラス
7300年前(結構最近なのがヤバい)の鬼界カルデラ噴火では九州の縄文人に大打撃
そのとき発生した火砕流の規模は1991年の雲仙普賢岳数十万倍

インドネシアクラカタウヤバい

535年の大噴火が世界中に寒波飢饉を引き起こし、まさに歴史を変えた。
 ジャワ島の文明が滅亡
 メキシコのテオティワカン文明滅亡
 日本仏教が普及
 スラヴ民族の侵略とペストにより東ローマ帝国衰退
 アングロサクソン人がブリトン人からイギリスを奪う
これらがほぼ同時期に起こっている。
(VEI=不明)


イエローストーン(VEI=8)、シベリアトラップ・・・
人類誕生前はもっとヤバい


東日本大震災の後、日本の火山は活発化しているらしい。

ヤバい。でも対処のしようがない。
歴史の目撃者にならないことを祈るばかり。
スポンサーサイト

マイケル・ファラデー 科学をすべての人に

マイケル・ファラデー

科学者の中で伝記が一番多く書かれている人物はファラデーなのだそうだ。

そういえばこないだ行った科学博物館でもファラデー推しだったっけ。

いまいちピンとこないのでガリレオでもお世話になったこの伝記シリーズを読んでみた結果・・・

ファラデーすごすぎ!

伝記でおなじみのエジソンがかすんで見えます。
蓄音機やら電球やらチマチマ発明してるレベルじゃないですわ。

そのわずか半世紀前に電気そのものを道具として使えるようにした男です。
ほかにも電気分解の法則、ベンゼンの発見、ノーベル賞があった時代なら
3つ4つとってたと言われてます。
しかも物理学賞化学賞のダブルで。

イギリスの首相にそれらの発見が何の役に立つのかと聞かれて彼は答えています。
「私にはわかりませんが、いつか政府がそれで税収を稼げることは請けあいます」
国家レベルの発見です。

さらにドラマチックなことに、彼は製本屋の丁稚奉公という低い身分の出です。

製本屋で働く彼がひょんなことから科学講演会のチケットを手に入れる
→講演をメモしたノートを科学界の重鎮に送り、気に入られる
→たまたま空いた実験助手のポストに雇われる
→類い希なる実験センスで次々に業績をあげる
→実験室を任されて時代を変える発見を連発
イギリス王立協会の会長候補までのし上がる

とんでもないサクセスストーリー
しかも、名誉を嫌って爵位ウェスト・ミンスター寺院への埋葬も断っています。

いかにも日本人が好きそうなストーリーなのに日本で伝記が少ないのは意外。
最近ノーベル賞受賞者の大隅さんが紹介してましたが、「『役に立つ』という言葉が社会をダメにしている」
という持論とつなげるのはファラデーに失礼ですよ。

本書によると、ファラデーは
人の役に立つ仕事=神からの授かり物
だと考えていたそうです。 

自然=神の摂理を明らかにすることで、人々を幸せにできる
そのピュアな気持ちがファラデーの原動力。

ニュートンしかり、フランクリンしかり(彼も印刷屋見習い)、
偉業の陰には往々にして宗教的動機があります。

科学者の精神性まで味わえるこの伝記シリーズ、鉄板です。


ゴッホ 日本の夢に懸けた芸術家

ゴッホ 日本の夢に懸けた芸術家

ゴッホといえば人妻好きの奇人。

そんな彼を特別な存在にしているものは、手紙である。

現存するだけで800通、そこに彼が出会った、描いた作品
そのときの気持ちが詳細に記録されている。

見方を変えると、その手紙をきちんと保管していた弟テオ
編纂を行ったその妻ヨー【芸術家】ファン・ゴッホのプロデューサーである。

2009年、膨大な数の手紙に新たな編纂作業が行われ、
ファン・ゴッホ美術館で公開された。

日付を特定するのに気象の記録まで使われたという本気度

日付場所宛先作品でソートができて、画面右に作品メモ
表示しながら手紙を読めるというすばらしい作りこみ。

濃密すぎる。読まねば、そして現地へ行かねば

瓜子姫の艶文

瓜子姫の艶文

絶対に読み返してしまう時代小説。

遊女の人情モノの感覚でしんみり読んでいたら
ものの見事に裏切られてしまいました。

近所の図書館ビブリオバトルで紹介されていたのをタイトルだけうっすら覚えていて、
予備知識ゼロで手を出してしまったのが運のツキ。

著者の坂東眞砂子さんは『死国』の著者でもあるんですね。
それすら知らなかった私はラストガクガク震えてしまいました。

ネタバレにならないように書くのは難しいですが、
時代小説をこのようにエンターテインメントにできるのはすごいことです。

それでいて【女性】の情念や切なさも丁寧に描かれています。

ここまで読んでいただいた後では予備知識なしで読めないかもしれませんが、
二度目、三度目もしんみりガクガクさせられること請け合いです。

女性の描く女性の時代小説、やられっぱなしです。

ケプラー疑惑―ティコ・ブラーエの死の謎と盗まれた観測記録

ケプラー疑惑―ティコ・ブラーエの死の謎と盗まれた観測記録

ケプラーと言えば、望遠鏡のない時代に肉眼観測だけで、
惑星が太陽の周りを回る法則を「発見」した偉人である。

この法則は、【ニュートン】の万有引力の法則によって正しいことが証明された。

科学史における文句なしのスーパースターである。

そんなケプラーの偉業が、盗作によって成し遂げられたのではないか、というショッキングな内容。

しかも、師匠を殺して観察記録を盗んだというから穏やかじゃない。

ケプラーはそのイメージとは裏腹に、思い込みが強く執念深い男だったらしい。

彼が記した『宇宙の神秘』では、6つの惑星(当時は土星までしか発見されていなかった)が
正立体
(正四面体~正二十面体の5つ)の関係で配置されていると主張した。

この説は当時の天文学の巨匠、ティコ・ブラーエ様
笑い飛ばされてしまった。
ティコ・ブラーエ様はデータ至上主義だったのだ。

ケプラーは自らの正しさを証明するためにこの巨匠から
観察記録を奪わなければならないと決意した。
それを実行に移したとき、皮肉にも自説と全く異なる法則発見をしてしまうのである。

思い込みと言えば、遺伝の法則を発見したメンデルの観察記録が
恣意的に選ばれたものであることを、統計学の巨匠フィッシャー様
指摘している。

フィッシャー様もまたデータ至上主義の人である。

ケプラーの希有なところは、観察記録(しかも他人の)とにらめっこをして、最終的には宇宙の真理にたどりついたところだ。

メンデルもまた、観察記録(彼の場合自分の)から生命の真理にたどりついた。

思い込み
と、冷静な分析力と、そして執念
これが【人類史】を変える3条件。

巨匠なんぞしょせん引き立て役なのだ。
プロフィール

shokomotsu

Author:shokomotsu
無意味つづり>書庫モツ連鎖

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク